人魚秘め

製作 : ガラ劇
公演期間 : 2017/9/6(水)〜10(日)
劇場 : 萬劇場

2017年9月6日〜10日
作・演出 ガラ林

劇場◎萬劇場

◉あらすじ◉

アンデルセンの悲しき伝説
人魚姫
難破した船から人間の王子様を救い出し
恋に落ちてしまう

しかし二人は住む世界が違う
人魚姫は
王子様に会いたい一心で
美しい歌声の代わりに
足を得る

そして、陸に上がりーーー
人間の汚さを覚える

◆場所◆
萬劇場
〒170-0004 豊島区北大塚2-32-22
JR山手線大塚駅北口下車・徒歩4分

◆日時◆
2017年9月6日(水)〜10(日)
6(水)…19:00
7(木)…19:00
8(金)…14:00/19:00
9(土)…14:00/19:00
10(日)…12:30/16:00

◆キャスト◆
村人 ガラ林
ウミガメ 宇都恵利花

イカ 伊井ひとみ(アミティープロモーション)
グリムズビ 飯村勇太
ハーデス 伊喜真理(ハグハグ共和国)
エピメテウス 石橋寛仁
セバスチャン 浮谷泰史(チョコレイト旅団)
ポセイドン 片山知彦(オフィス23)
クマノミ 斉藤未来(ティーライオット)
カサゴ 齋藤由依
タコ 佐々木豊(天幕旅団)
フランター 沢井彩華
ダーウィン 竹田航(Actor′s Live Theater)
ナシエル 中山ヤスカ(カプセル兵団)
カレイ 西岡茉奈
アルバトロス 增井豪(Actor’s Live Theater)
ケル 眞鍋愛梨(team.ごせんぷ)
ヒラメ 森原彩夏

ベロ 五十嵐優羽(AVANinc)
コバンザメ いわみりかこ
ス 皐月梨早
アンコウ 津田至(クリエイティブアーツ)
ヘラクレス 二葉泰亮(劇団fool)
ウォレス 水野絵理奈(PLATINUM-S)
ヒメ 山内里紗(劇団わたあめ工場)

アリエル 山崎丹奈(アイリンク)
プロメテウス 高倉良文(ネコ脱出)

◆スタッフ◆
作・演出:ガラ林
演出助手: 小松原里美
舞台監督:大西聖志(劇団えーてぃーふぃーるど)
照明:志佐知香(FictiF)
音響:越元カープ
音響監督:まつつ
映像監督:栗林司
振付:柏崎絵美子
宣伝美術:ガラチラシ(horikawa design office)
写真:宮本昭二
当日制作:宮本ほのか
製作:ガラ劇

◆協力◆
Actor’s Live Theater
AVANinc
A-zo jaya
FA-ZESエンターテイメント
PLATINUM-S
team.ごせんぷ
アイリンク株式会社
オフィス23
株式会社クリエイティブアーツ
カプセル兵団
ギロチンヘヴン
劇団fool
劇団えーてぃーふぃーるど
劇団わたあめ工場
スカンクランチャー
ティーライオット
天幕旅団
ネコ脱出
ハグハグ共和国
菱路コネクト

 

観劇日 : 9/6

 
観劇の感想
 
 

還刻門奇譚に出演されていた伊喜真理さんが出演されるということで、早々にチケットの予約をして楽しみにしていたのですが、池袋演劇祭のCM大会でディズニー映画のリトルマーメイドの登場人物の名前や歌が使われていて不穏な空気を感じたのですが、観てみたら印象が変わるかもと思い観劇したものの、わたしには合いませんでした。
役者さんたちは初舞台だったヒロインの山崎丹奈さんも含めみなさんとても良い演技をしていらっしゃったのですが、いかんせん脚本が好みではなく。キャッチーで、演劇祭の賞をとるのに受けそうな題材だったんでしょうが、書くにあたってどのくらい勉強されたのか。まだまだ問題がたくさんあって、現地で大変な思いをしている人たちがいるという繊細な題材のはずなんですが。
一番奥の席でなかったら最後まで観ないで帰ったなーと思う程度には嫌な思いをするお話でした。わたしが福島出身で、避難しなくてはならなかった家族や震災関係の仕事をしている両親がいなかったらこう思わなかったのかもしれないとは思うので、相性が悪かったということなのかもしれません。あとチラシにあった「人間の汚さを覚える」ってどこで表現されていたのかわからず。全体的に何が言いたいのかよくわかりませんでした。

 

役者さんたちはとても良かったのでほんとに残念でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください