君の名前を藍色の空に呟いた。

劇団 : 劇団えのぐ
公演期間 : 2017/9/9(土)~10(日)
劇場 : 南大塚ホール

第29回池袋演劇祭参加作品
劇団えのぐ第七回公演
「君の名前を藍色の空に呟いた。」
脚本・演出 佐伯 さやか

今年もまた、夏がやってきた

君の好きな夏
僕の嫌いな夏

忘れられない、夏が終わる…

【劇場】
南大塚ホール
〒170-0005
東京都豊島区
南大塚2丁目36番1号

【スケジュール】
2017年9月9日(土)〜10日(日)
9日(土)15時/19時半
10日(日)15時

受付開始は開演の45分前
開場時間は開演の30分前

受付順に整理券を配布
番号順にご入場いただきます

【チケット】
前売・当日 3000円

日時指定・全席自由

8月2日(水)12時 発売開始

【出演者】
立田 聡実
松下 勇(LINKentertainment)
(以上、劇団えのぐ)

岩下昂靖(LINKentertainment)
岡崎 めぐみ(護送撃団方式)
奥富 珠里
笠田 康平(グワィニャオン)
久遠 来夢
熊木 拓矢(グワィニャオン)
白井 美帆
鈴木 啓子
三ヵ月 集太(演劇商店 若櫻)
山本 恭平(時代絵巻AsH)

【スタッフ】
舞台監督:中原 和樹(もんもちプロジェクト)・吉田 誠
舞台美術:小野 まりの
音響:坂爪 亮介
照明:仲光 和樹(E-FLAT)
映像撮影:田中 カズヒロ
写真撮影:槌谷 敏幸
宣伝美術:aimi(箱の中のユーフォリア)
当日運営:古山 彩美
当日運営補佐:齋藤 友美(LOVE&FAT FACTORY)
企画製作:劇団えのぐ

【協力】
演劇商店 若櫻
グワィニャオン
護送撃団方式
時代絵巻AsH
LINKentertainment
E-FLAT
箱の中のユーフォリア
もんもちプロジェクト
LOVE&FAT FACTORY

 

観劇日 : 9/9

 

観劇の感想

 
二つの幼馴染グループのお話。毎年ある花火大会に絡めて話が進められていきます。学生時代から社会人や大学生になり、やがて結婚する人が現れて同じペースで同じ方を向いて歩いていたはずの友達がいつのまにかバラバラになっていた…という感じのお話。
「よくある話」がたくさん積み重ねられていくのでその分見ていて腑に落ちるというか、分かりやすく話に集中できるように作られていたように思います。

主役の白井美帆さんはとてもパワーと力量がある人でみんなをぐいぐい引っ張って行っているように見えました。もうひとりの主役の松下勇さん。男の子ならではの口にしない思いやよくわからないもやもやしたものを表情やしぐさで表現してくれていてとてもよかったです。
彼らをずっと見守っていてくれた松下さんの母親役の奥富珠里さんがさっぱりとしていて、でもみんなをよく見て愛してくれている感じでした。こういうお母さんになりたいものだなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です