SANAGI

劇団 : CAPTAIN CHIMPANZEE
公演期間 : 2017/9/14(木)~18(月)
劇場 : シアターグリーン BASE THEATER

■STORY■
祥子に回ってくるものは脇役ばかり。
”自分は芝居に向いていない”
一度は諦め、劇団をやめた祥子だが、ひょんなことから再び舞台に関わることに。
ただ一つ違ったのは、その劇団は・・・人形劇の劇団だったのだ!

■劇場■
池袋シアターグリーン BASE THEATER

■日時■
2017.9.14(木)~18(月)
14(木)19:00
15(金)14:00★/19:00
16(土)14:00/19:00
17(日)14:00/19:00★
18(月)14:00

■チケット■
前売:3000円
当日:3300円
学生:2500円(要学生証)
小学生以下無料
リピーター割引:2000円
→二人以上だと1500円

★15(金)14:00、17日(日)19:00の回は各料金から300円引(リピーター割引を除く)

■CAST■
池上映子
宮下真

川瀬ゆい子
小森毅典
瀧澤由舞
やまひろ
悠月乃愛
瀬谷和弘(カプセル兵団)
森田祐介※
naonari※
七海
尾﨑真友(jac in production)
佐々木直樹(ぷろだくしょんA組)
片田好美
郡詩歩美
上嶋茂雄(劇団うるとら2B団)
※印はダブルキャスト

■STAFF■
作・演出:藤原思
照明:山口功一
照明操作:福田恒子
音響:志水れいこ
音響操作:野崎爽
舞台美術:阿部けん
イラスト:かげやままき
衣装:Team Grand + 村山理香子
写真:藤﨑達哉
撮影:彩高堂
制作:神矢紀子
票券:当日運営 蔵井咲・紡りお(座・シトラス)
企画製作:C.C.C.

 

観劇日 : 9/17

 

観劇の感想

 
還刻門奇譚に出演されていた池上さん、川瀬さん、小森さんが出演されてるということで、観に行ってきました。
演劇の世界でなら、いつかお姫様になることができると夢見ていたけど、それすら叶わなかった劇団員の女性が主人公のお話。10年前?の作品の再演だったそうです。上手に現代に設定を置き換えられていて、当時の携帯だと現実味があまりなかったような設定も、今は普通にある設定になっていたのでかえって違和感なく話が進んで行ったのではないかなと思います。

「私なんて」が口癖のようになっている主役の女性ですが、自分の意志とは関係なく巻き込まれて物語が進んでいくにしたがって少しずつ周りからちゃんと愛されていたこと、それぞれ才能や生きて行く場所があることに気が付いていくという感じで、終盤は何度か泣かされました。

父親役の上嶋茂雄さんと和菓子屋さんの女将役の池上映子さんの演技がとてもよく、主演の川瀬ゆい子さんもダメな状態の女の子の役として観たのが初めてだったので新鮮でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください