量産型ガラパゴス

劇団 : 劇団ピンクメロンパン
公演期間 : 2017/09/27(水) ~ 10/01 (日)
劇場 : シアター風姿花伝

 

観劇日 : 9/27

 

観劇の感想

 

還刻門奇譚に出演されていた政野屋さんが出演されていたので観に行ってきました。
完成された世界観があるのでそこに入り込むまでは説明のセリフを聞きながら頭を整理していく必要があって、さらに当日パンフレットには役者の名前しかなく、役名を耳で追って覚えなくてはいけないので頭の中がパンパンで非常に苦労しました。
役同士の関係性や世界観は分かりやすかったものの、劇場をでたらすぐ役の名前を忘れてしまって感想が綴りにくいという…。

お話自体はとてもおもしろく、「なるほどそれで量産型ガラパゴス」と納得がいく感じ。
舞台装置は非常に簡易なものだったのでどんなもんかなーと思ったのですが、照明と装置を動かしていくことによって思った以上にいろいろな景色に見えて面白かったです。
主役の律人さんが膨大なセリフを淡々とミスなく話していくのも世界観を表すのに一役買っていたような気がします。

承認欲求を満たすために自分の中の正義とはズレている人をあっさりと殺してしまった主人公が、のちにその安易な行動への後悔と、本当に世の中を理解せず間違っていたのは自分だったとの思いを募らせておかしくなっていく様子は見ていてつらいものがありました。自分のために正義を振りかざすことに快感を覚えている人に観てほしいお話でした。

1 件のコメント

  1. ピンバック: 彩の世界 – unknown

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です