デラックスマン

劇団 : 劇団偉人舞台
公演期間 : 2017/11/22(水)〜26(日)
劇場 : 劇場MOMO

劇団偉人舞台旗揚げ20周年記念公演
『デラックスマン』
脚本・演出 我孫子令
2017年11月22日(水)〜26日(日)
会場 劇場MOMO
今日から我々は…ヒーローです。

かつてヒーローを夢見た少年出目川金太郎は、親から受け継いだ食品会社の冴えない2代目社長になっていた。
ある日、日本の食品業界を震撼させる事件が起こる。背後にいる「悪」の存在を知った金太郎は社員と共に戦う決意をするのだが・・・。
果たして彼らは、日本の未来を救うニューヒーローになれるのか!?

2006年に上演した偉人舞台の王道コメディ『HERO』を20周年記念公演としてフルリメイク。劇団創立20周年に花を添える原点回帰のパワフルエンターテインメント!
この秋、あなたはヒーローの誕生を目撃する!!・・・する?

出演
我孫子令 吉村啓史 南部孝司
舩木勇佑 我孫子泉(以上偉男児)

蒲田哲(J.CLIP) 山本真里(キャラバン)
山村真也 畑中竜也(シンフォニア)

声の出演
鹿島良太 北川聡
脚本/演出/脚色:我孫子令
演出助手/脚色:山本真里
照明:佐久間巨照
照明OP:荒沢寛子
音響:TAISHI
音楽:安達たけし/アダチ音研
舞台監督:(有)るうと工房 井関景太
舞台美術:高田久男(セットアップ)
イラスト・コスチュームデザイン:KIKKA
衣装製作:井出知江
アクション:山村真也
宣伝美術:NAN Design69
当日運営:近藤たえ(アンデム)
制作協力:菅野陽子 迫田予理子
企画・製作:劇団偉人舞台

観劇日 : 11/25 19:00

観劇の感想

いつも愉快で可愛らしい南部さんの前説があって開演前からわくわくするような楽しい気持ちになれました。
開演すると令さんがランドセルに黄色い帽子で現れて笑。小学生の時のヒーロー活動から消極的な大人になってしまうところ、影の薄い社長として働いているところ、細かに貼られている伏線、それをあざやかに回収していくところなどとても面白くあっという間の上演時間でした。

山村さんが出演されていたのでアクションもありつつ。アクション慣れしている人が少なかったのかなと思う感じでしたが、山村さんの動きがいつも通りとてもよいのですごいアクションな感じに見えるので特に不完全燃焼感もなく。
そして地味なときの山村さんの姿が新鮮でした笑

登場人物がほんとうにいきいきしていたし、食品会社の場面ではお惣菜の調理シーンがあったのですが、おたまや菜箸、ボウルなどを使って演奏する感じで表現されていたのでそんなところもとても楽しくて。見どころたくさんだったなぁ。出演者の方が楽しみながらいかに楽しんでもらうかというところに心を砕いておられたのだろうなと感じました。じゃんけんとかもね!笑

客演の方たちも劇団の人たちも全員に見せ場があって、埋もれることがなくて。それって大事なことだよなーと。結構そうなってない劇を何度か見たので…。

ヒーロースーツも敵味方問わず凝って作られていたし、面白かったし、役者さんみなさんとても上手だったし、完売続きで1回しか見られなくて残念でした。DVDとか出たら買いたいなー。

1 件のコメント

  1. ピンバック: ジャガーの眼 – unknown

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください