no melody BOLERO

劇団 : BIG MOUTH CHICKEN
公演期間 : 2017/12/6(水)〜10(日)
劇場 : ザ・ポケット

no melody BOLERO 〜人間の中には2つのメロディーが流れている。〜

〜INTRODUCTION〜

〜これは、いつか何処かの美しい国の物語〜

その国の歴史は、その国の者しか知らない
その国の歴史は、その国の者しか知るはずもない
外からの者を排除し、守り続けた秘密がある国

その国の名はラヴェル。
超能力者が多く住むラヴェル王国。

美しいようで醜く、醜いようで純粋で
強いようで脆く、弱いようでしぶとい
そんな人間たちが必死で生きた物語。

それは、ラブストーリーのような悲劇で、サスペンスのような喜劇、だからこそ最高のファンタジーである。

明日からも、きっと風は吹き、いつものように音楽は奏でられる。

【MEMBER】
冨澤 十万喜
伊東秀悟

【GUEST】
イシケン
一色 史
今村B
恵理加
岡拓行
折原陽子
会田泰弘
加藤亜実
宍倉香織
高橋二号
田名部生来
(元AKB48)
能條由宇
長谷川景
羽根光祐
松井翔吾
三本美里
米倉啓
中村星哉
(パフォーマー)

【ダンサー】
 (両班共通)
 伊東映里奈
 加來真有
 木下穂奈美
 藤田瑞希
 細田春夏
 渡部紗矢

【アクションズ】
 (両班共通)
 亜耶野
 折笠秀幸
 富田侑希
 菱野聖仁

Staff List

・プロデューサー・脚色・演出
 冨澤十万喜
・演出助手
 中村瑠那
・舞台監督・舞台美術
 吉田慎一
・照明
 谷川裕俊
・音響
 宮崎裕之・丸山慶将
・宣伝美術
 臼井倶里
・ダンス振付
 クレイジーK
・アクション振付
 冨澤十万喜
・映像
 活野創
・主題歌
 アオイハル
・小道具
 政野屋遊太
・衣装案
 冨澤十万喜
・スタイリスト・メイク
 MOKI
・制作補助
 伊東秀悟
・制作協力
 脇坂兵吾
・制作
 大川雅大
・製作
 BIG MOUTH CHICKEN OFFICE
SpecialThank
アリーナミュージック・R&E・アールグルッぺ・OFFICE XYZ
・亀有ファイティングビューティースタジオ・(株)HIT
・(株)ファーストライン ・ガンバデザインオフィス・ガンバール
・企画集団Gotta!・劇団前方公演・劇団零色・ZO EIZO
・ジョーカーハウ・09ゼロきゅう・TP-SATELLITE
・ハルベリーオフィス・ひまりり舎・BBE
・宝映テレビプロダクション・みさわ国・predawn
・夢工房・Y’S FACTORY
50音順

 

観劇日 : 12/10 16:00

 

観劇の感想
 
 
超能力者が多く住み、その人たちを守るために鎖国しているというラヴェル王国でのお話。

王家の秘密と能力者たちの起源にまつわる秘密。王家のお話がでてくるので王様や女王様、姫や城で働く人たちがでてくるのですが、姫と女王様が気高い雰囲気で良かったなー。気品や気高さは強さに裏打ちされてるよね。
能力者はみんな城で働いているという設定だったので主にお城の中で話が進んでいきました。料理長が料理を作っているシーンはダンサーさんたちと一緒にダンスで料理をしている様を表していたのでディズニーっぽい楽しさもありつつ。

blank of WALTZの最後にラヴェル王国に世界最高の医者がいるからそこを目指そう、という下りがでてくるのですが、その医者の父親が前国王とともに国に大きな秘密を作った人でした。
なのでその秘密を知っているから世界一の医者であるのに表情は暗く、寂しげな悲しげな面持ちでいることが多くて。医者役が松井翔吾さんだったのですが、「キバショ!」と大きく異なる役柄で、登場のところからぐっと視線を奪われる佇まいでめちゃ良かったなー。

blank of WALTZに出て来ていた天使と悪魔のような役回りの二人はこのお話にも登場して、その二人が見えるという状態が時間の経過で変わっていくのが面白かったです。そしてこっちの話のほうが悪魔的な見た目のサイザーの感情がよく出てて面白かったです。

こちらのお話も全部の謎は解決せずに終わったので、BMCさんの特徴なのかな。

カーテンコールが撮影可だったのでちょっと写真を。
画像をクリックすると大きくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください