池田屋・裏2 炎上

劇団 : グワィニャオン
公演期間 : 2017/12/13(水)~17(日)
劇場 : 萬劇場

グワィニャオン12月公演
「池田屋裏2 炎上」

グワィニャオンの傑作舞台
初演から14年振りの続編!!

池田屋事件の裏側で遂行される
新選組屯所焼き討ち計画

作・演出 西村 太佑

【出演】
西村 太佑
渡辺利江子
平塚 純子
尾形 雅宏
一色 彩世
熊木 拓矢
笠田 康平
桜咲 千依
白川 璃沙
宮崎 重信
及川 崇治(演劇集団ふれる~じゅ/音ノ屋)
石川 健一
さいとうえりな(青年座映画放送)
佐伯さやか(​劇団えのぐ)
松下 勇(​劇団えのぐ)
宮本 崇弘(​オフィスPAC)
玉木 雅士(​アクセント)
後藤ヒロキ(​アクロスエンタテインメント)
田中 杏沙(​テアトルエコー)
菜ノ香 マカ
橘  凜
坪野谷 暁
長廣 佳奈
わたなべかずひろ(Still Wood Garden)
伊藤 教人(劇団BRATS)
高橋みのる(​昭和芸能舎)
咲野 俊介(​青年座映画放送)
遠藤 純一(​劇団昴)

Wキャスト
山口 勝平(​悟空)
内田 岳志(​浅井企画)
【スタッフ】
作・演出/西村太佑
演出補/平野智子(テアトル・エコー)
舞台監督・美術/井上義幸(F.F企画)
照明/畠中泰正
照明オペレーター/小池みのり
音響/游也(stray sound)
殺陣/西村太佑、宮崎重信
アートワーク/アカツカモリオ
楽曲提供/秦 修
舞台撮影/田中カズヒロ
スチール撮影/miki
小道具協力/やっほーいとう
会場運営/済賀未央(TEAM♯BISCO)
企画・製作/グワィニャオン

【協力(順不同)】
青年座映画放送株式会社
株式会社テアトル・エコー
アクロスエンタテインメント
GAIA art entertainment
Still Wood Garden
LINKentertainment
演劇集団ふれる〜じゅ
株式会社音ノ屋
エクイステージ
有限会社悟空
オフィスPAC
アクセント
浅井企画
昭和芸能舎
劇団えのぐ
劇団BRATS
劇団昴
stray sound
井上組
F.F企画
CoRich舞台芸術!
Confetti
TEAM♯BISCO
久光真央 古山彩美 河野日向子

 

観劇日 : 12/15 19:00

 

観劇の感想
 
 
2014年に拝見した「Tポーズお願いします」「女女女ニョニョニョ」以来、久しぶりのグワィニャオンさんの舞台でした。

2012年に上演された「池田屋裏」というお芝居の続編にあたるお話だったそうですが、前回観ていなくても楽しめました。
新撰組の池田屋襲撃事件とその時池田屋の裏にあったお家がでてくるのですが、主に池田屋襲撃が終わった直後の新撰組屯所のお話でした。なので池田屋裏のお家のお話というよりは池田屋事件の裏話しという感じなのかな。冒頭「池田屋の裏のお家が一番迷惑したのでは」というような台詞がありましたがあれは前回のお話にかかってる感じなのかなー。

お話の途中で舞台装置を人力で転換させるところがあって、度肝を抜かれました。動くとは思ってないくらいの大きさの舞台装置だったので。たしかになんでこれが見えた状態になってるんだろうなと気になってはいたのだけど、まさか動かすとは…。元の舞台と動かした後の舞台がとても上手に層になっていたので途中襖が開くシーンでも奥がちゃんと存在してて。すごかったなー。

役者さんの演技の熱がすごくて、ぐっと引き込まれたところで笑いで緩められるの繰り返しで2時間と長いお話でしたが集中がとぎれることもなく、気がついたら2時間経っていて胸にじんわりするものが残っていて。わたしが拝見した回は山口勝平さんの回だったのですが、勝平さんだけが浮く感じでもなくお話に溶け込んでいて、それはきっと役者さんたちがみんな上手だったからだよなー。だれ一人おや?と思う演技の方がいませんでした。これはすごい。
なので観ている方もテンションがあがるというか、熱を共有するというか。

新撰組のお話なので殺陣もたくさんあったのですが、最後の山口さんの2手とってもよかった。山南さんらしさだよなぁ。
最後のシーンもとても印象的で好きでした。最初から最後までとてもいいお話だったなー。素晴らしかったです。

好きな演技だった役者さんの名前かいとこ。
一色 彩世さん、高橋みのるさん、咲野 俊介さん、遠藤 純一さん、山口 勝平さん。あと笠田さんと松下さんはずるい笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です