KAGOMENO唄

劇団 : *danke*
公演期間 : 2017/12/20(水)~24(月)
劇場 : 上野ストアハウス

加護女村(かごめむら) 。
その昔、その村は徳川の恩恵を受けて栄えていた。

時は流れて2017年、人口100人にも満たない小さな小さな村は
大手企業による開発話の浮上によって、
新しい「未来」を受け入れる村の地主一派と、
輝かしい「過去」を守り続ける村長一派の二分に分かれていた。

そんなことなど露知らず、外部の人間は加護女村へと足を踏み入れる。

目的は―――かごめのうた伝説。

全国有数の心霊スポットを調べに加護女村にやってきた
大学のオカルトサークルの学生と、
徳川の埋蔵金目当てにやってきた
自称トレジャーハンター達が村の伝説を探ると
埋められた古臭い刀の封印を解いてしまって、さぁ大変。

普段は穏やかで静かな小さな小さな村があっちでてんや、
こっちでわんやと騒ぎ出す。

かごめかごめかごのなかのとりはいついつでやる
よあけのばんにつるとかめがすべった。

うしろのしょうめんだれ

あなたはこの唄の真意を知っていますか?

誰かが口遊んだ時、物語が動き始める。

さぁ、KAGOMENO唄を――― 。

作・演出 小島夕侑
劇場 上野ストアハウス
2017年12月20日(水)~24日(月)

公演日時
※Wキャスト【鶴】=鶴チーム/【亀】=亀チーム
12/20(水) 15:00【鶴】/19:00【鶴】
12/21(木) 15:00【亀】/19:00【亀】
12/22(金) 15:00【亀】/19:00【鶴】
12/23(土) 14:00【鶴】/18:00【亀】
12/24(日) 12:00【亀】/16:30【鶴】
全10公演

CAST
【鶴】
綿貫凛
夛華正幸
齋藤花怜
石川万奈恵
澤田歩実
宮口嘉行
新田さやか
松村若葉

【亀】
川上雄大
​早速義比呂
大橋葉月
NAE
佐々木友花
小泉憂斗
須賀エリナ
柴田成美

【シングル】
竹内麻美
豊川久仁
瀬戸口俊介
​阿部翔
成田圭吾
一条美帆
吉川政博
小島夕侑

※ダブルキャストなので、タグは観劇時の亀組のみ記載。

 

観劇日 : 12/21 19:00

 

観劇の感想
 
 
かごめの唄伝説のある人里離れた限界集落に大学のオカルトサークル、徳川埋蔵金を追うトレジャーハンター、レジャー施設建設の話を持ってきたとある企業、その三者が村で一堂に会したことによって巻き起こるちょっとオカルトなお話でした。

登場人物の多くが今の現状に不満があって、でも自分の力だけではどうすることも出来なくてもどかしい思いを抱えていて、その人たちが自分の置かれた立場や心のうちを話ているうちにそれぞれの立場が作用して少しだけいい方に進んでいく。それまでにオカルトなすったもんだがあったわけなのですが。

個人的にはオカルトなバタバタはあまり心に残るものではなくてさらっと面白かったなーという感じだけだったのですが、一番最後のオチは本当に面白くて。会話してるように見えた二人が実は独り言だったんだ!とか、ここでしか会話が成り立ってなかったのか!みたいなのが後からわかる感じになっていてとても面白かったし、もう一度見たい!と思うものでした。見てて全然気がつかなかったもの!
当日パンフレットに密室劇が多いと書かれていたので、次のお話も機会があったら観てみたいなー。

今回はカレモノに出演されていた早速さんを拝見するために伺ったのですが、カレモノでおそらく唯一の「ただただ悪い人」の役だった早速さんがその時とは違う懐の深い優しいお兄さんの役で、しかもほんとに上手に演じられていて、驚いたり感心したり。でもきっと今回の役はご本人に近かったのではないかなーと。とても細やかに気遣ってくださる方なので。今年最後に観た早速さんがいい役の早速さんで良かったです笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です