サマエル

劇団 : Sustainer Creation Family
公演期間 : 2018/6/9(土)~17(日)
劇場 : キンケロシアター

◯あらすじ
秘密組織【サマエル】のメンバー13名の、どうしようもない憤りがぶつかり合う、最初で最期の物語。
一人の男の元に集った強者たちが、極限の状態でたどり着く正義の終着点とは?!
「なあ、ローレンシウム。俺たちは、未来永劫、世界の全てを手に入れられるかもしれない。」

出演
CAST: spi、林田航平、小川夏果(オスカープロモーション)、巽徳子(Dance Company MKMDC)、三上俊、増山祥太、階戸瑠李、佐々木心音、小俣彩貴、大野瑞生、宮原奨伍(大人の麦茶)、山元由湖、狩野和馬
ダンサー: いのまいこ、SaUrI、水村里奈、加瀬菜々子、佐藤詩乃、島田萌、細谷彩佳、落司智子、渡部加奈
生演奏: 野上結美(ボーカル)、武藤勇樹(キーボード)、廣川裕里(パーカッション)、馬越脇崚(リード)

脚本・演出・振付: 一ノ瀬京介

公演スケジュール <期間>
2018年6月9日 (土) ~2018年6月17日 (日)

<公演日・開演時間>
※取扱対象公演
06月10日(日) 19:00
06月11日(月) 19:00
06月12日(火) 14:00 / 19:00
06月13日(水) 14:00 / 19:00
06月14日(木) 19:00
06月15日(金) 14:00 / 19:00

チケット S席(サステナシート):6,500円 ※良席&非売品特典付き
A席:5,500円
(全席指定・税込)

<カンフェティ取扱チケット>
【A席引換券】:5,500円(税込)

観劇日 : 6/11

観劇の感想
まず、客席に入って舞台装置の見事さに圧倒されました。棚と椅子、大きく重厚な扉、たくさんの糸で作られたスクリーン。
生演奏だと知らなかったので演奏と歌、ダンスでぐっとサマエルの世界に没入させてもらえてとてもよかったです。
研究者だったときには大きく感じなかったオキソさんの体格がその後サマエルの代表となっているときにとても大きく感じられ驚きました。
ちいさく歌う歌声もとても素晴らしくてまたびっくりさせられて。扉の締め方や視線の配り方一つでもこんなに心情が現れるものかとまた驚かされて。
はじまった時の小さな懸念が最後大きな問題となって具現化したところで密室劇の熱と緊迫感。
世界が汚れてしまっても種を植え続けるダンサー。ダンサーのみなさんもしっかり踊れる方たちだったので目が離せず。
あたかも堅い絆で結ばれていたかにみえた関係があっという間に壊れていき、それでも少しずつ元の関係に戻っていくように支え合っていく。

そして最後のオキソさんの歌。歌詞の内容からどれほどの絶望だったのか知ることが出来て、涙が止まりませんでした。
誰一人欠けても成り立たなかったお話だったように思います。
とても素晴らしい公演でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください