シープハウスの宿泊客は明日も生きてるとは限らない

劇団 : コヒツジズ
公演期間 : 2018/06/22(金)~24(日)
劇場 : ステージカフェ下北沢亭

コヒツジズ 第5回公演
「シープハウスの宿泊客はあしたも生きてるとは限らない」

作・・・下亜友美
出演・・・亜カリ友洋 アツキタクロウ 河野友保

照明:中濱弘祐
音響:照明
制作:小松美月
宣伝写真:相田敬
宣伝デザイン:アツキタクロウ

2018年6/22〜6/24(全5ステージ)
6/22(金)・19:30~
6/23(土)・14:00~・19:00~
6/24(日)・13:00~・18:00~
※開場は開演の30分前

会場:ステージカフェ下北沢亭 (下北沢駅南西口 徒歩5分) http://shimokitazawatei.com
チケット:2500円+1ドリンク(一律500円)

観劇日 : 6/23(14:00)

「シープハウス」という訳ありな安宿を舞台に、「エントランス」と東西南北の4つの部屋で順番にお話が進んでいきます。
コヒツジズの三人が宿の従業員や宿泊客になってお話を展開させていくのですが、徐々に明らかになっていくホラー的な要素も合わせてほんとうにおもしろかった!
従業員のうさんくささといい、宿泊客の違和感といい、なんであんなに色んな人たちを演じられるんだろうか。声に出して爆笑というのではないのですが、なんかずっと笑ってしまう。独特の空気感。

脚本も設定もとても面白いし、三人も面白いし。なんであんなにおもしろいんだろうなぁ。コヒツジズほんと大好きです。
観てきた他の人とほんっと面白かったよね!!という話をするくらいなので!
また観に行きます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください