メイカ

劇団名 : DMFENG提携公演
公演期間 : 2018年8月29日(水)~9月2日(日)
劇場 : シアターサンモール

DMF/ENG提携公演vol.4
『メイカ 魔女と幕末の英雄』
作・演出 宮城陽亮(DMF)
プロデューサー 佐藤修幸(DMF/ENG)

【日時】
2018年8月29日(水)~9月2日(日) 全7回公演

【タイムテーブル】
2018年8月
29日(水)19時~
30日(木)19時~
31日(金)14時~/19時~
9月
1日(土)13時~/18時~
2日(日)14時

【チケットご予約】
▼カンフェティご予約フォーム(事前清算)
http://confetti-web.com/meika
先行発売は【6月30日(土)22時】よりカンフェティにて開始
※座席選択可、キャスト選択欄あり
※カンフェティでのご予約には事前のご登録(無料)が必要となります

▼こりっちご予約フォーム(当日清算)
http://ticket.corich.jp/apply/92769/
一般予約は【7月28日(土)22時】より開始
※こりっちでのご予約は当日清算、A席のみ、座席選択不可となります。

【料金】
前売り券 5000円 当日券 5000円

S席前方3列 6500円
※S席ご予約のお客様にはキャストのサイン(印刷)入り特典ポストカードと物販コーナーで販売のグッズ200円割引券を劇場にてプレゼント!

【劇場】
シアターサンモール
住所 〒160-0022 東京都新宿区新宿1-19-10サンモールクレストB1

【あらすじ】
時は幕末、世界の列強の国々が日本を狙う時代。
長州の人里離れた森深くに、ひとりの少女が暮らしていた。
彼女の名はマルィーオネ。
西洋から日本に渡った魔法使いの末裔である。
閉ざされた結界の中、彼女はひたすらに人形魔術の研究に没頭していた。
母親の言いつけを守り、決して外に出ることなく、ひとりきりで……

文久三年、ある志士によって結界は破られる。
――幕末の魔女、高杉晋作に出会う。
マルィーオネは人形を操り、彼を殺そうとした。

「死して不朽の見込みあらば、いつでも死ぬべし。
生きて大業の見込みあらば、いつまでも生きよ。
ここで死んでも価値はねぇ。俺はこの国を守るため、死ぬわけにはいかねぇ!」

国のために何かできるなら、命など惜しくない……!
高杉の志を聞き、マルィーオネは誘いかけた。

「その望み、叶えてやる」

魔女の呪文は響き渡り、運命を変える魔法の刃が高杉の胸に突き刺さる――

「おめでとう、お前は呪われた……」

そして少女の罪は、ひとりの英雄を作りだす。

【キャスト】

持田千妃来
寿里

福地慎太郎
門野翔(@emotion)

今出舞
水崎綾
エリザベス・マリー(CHAiroiPLIN)

星璃
松木わかは
五十嵐啓輔
七海とろろ(バクステ外神田一丁目)
松山コウ(劇団C2)
小島ことり(Bobjack Theater)
澤田圭佑
岸本尚子(Eja9)
シトミ祐太朗

平田裕香

高城元気
図師光博
高田淳(X-QUEST)

梅田悠
石部雄一

武演隊(五十音順)
飯原優
石岡遼士
小野田唯
菅野英樹
小林諒大
高見彩己子
田嶋悠理
松田智晃

▼スタッフ

作・演出 宮城陽亮
音楽 滝澤俊輔/三善雅己
楽曲提供 うさぎダッシュ
舞台監督 吉田慎一(Y’s factory)
舞台美術 濱田真輝
音響 星知輝
照明 申政悦(untitled light)
アクション 根本太樹(ATT)
ダンス構成 福地慎太郎
振付 エリザベス・マリー(CHAiroiPLIN)
衣装 前野里佳(藤衣裳)
衣装監修 加藤佑里恵(藤衣裳)
宣伝美術 tubest/立花さな
ヘアメイク 川村和枝(p.bird)
特殊メイク 坂すばる
小道具 星璃(劇団Patch)
武器製作 添田工房(企画演劇集団ボクラ団義)
写真撮影 渡辺慎一
稽古場ゲネプロ撮影 原義則(舞台猫乃手)
グッズデザイン 立花さな
撮影 株式会社彩高堂
Web 4cats
演出助手 櫻井裕代
制作 Mana-T(TEAM空想笑年)
当日運営 田中翔太(企画演劇集団ボクラ団義)
票券 島崎翼

プロデューサー 佐藤修幸(DMF/ENG)
企画製作 ENG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください