ここにいる!?

劇団 : BIG MOUTH CHICKEN
公演期間 : 2018年9月5日(水)~9月9日(日)
劇場 : 上野ストアハウス

BIG MOUTH CHICKEN produce vol.15 三井座 三回目

【ここにいる!?】

脚本、演出 三井伸介

2018年9月5日(水)~9月9日(日)
@上野ストアハウス

幼いころに遭った事故をきっかけに霊感体質になってしまった青年【霊児】
見えるはずのないものが見え、聞こえるはずのない声が聞こえてしまう彼のまわりに集まってくるのは、ちょっと変わった友人と、かなり訳ありな者たち。
そんなやつらに翻弄されながらも、自分の能力を受け入れ、明るく生きる霊児なのですが、そんな彼にも悩みがありました。それは物心ついた頃から度々見るようになったある夢にうなされること。
真っ暗闇にひとり、じっと誰かに見られているような夢…

それはただの夢なのか?
それとも彼の記憶の中にあるものなのか?

運命に導かれるように繋がっていく夢と現実。

彼のまわりに集まる者の正体は?
霊児の遭った事故の真相は?

そして、夢の中の誰かとは…

【出演】
(両班出演)
冨澤十万喜
伊東秀悟
古堂たや

(Aチーム)
近藤大稀
絹川麗
牧野亜希子
野町祐太
米倉啓
佐竹麻希
吉川元祥
岡拓行
折原陽子

(Bチーム)
大熊祐我
藤田勇人
鈴木ゆか
根本こずえ
白井サトル
羽根光祐
松前えみ
中西みなみ
塚本あい

【タイムスケジュール】
9/5 14時~(Aチーム公開ゲネプロ)
19時~(Aチーム)
9/6 14時~(Bチーム公開ゲネプロ)
19時~(Bチーム)
9/7 14時~(Aチーム)
19時~(Bチーム)
9/8 13時~(Bチーム)
18時~(Aチーム)
9/9 13時~(Aチーム)
17時~(Bチーム)

【チケット】
前売 4000円
当日 4500円
公開ゲネプロ 3500円
セット割引 7000円(振込のみ)
リピート割引 3000円(半券提示)

観劇日 : 9/5(19:00),9/6(19:00),9/8(18:00),9/9(17:00)

観劇の感想
初三井座でした。三井さん作演の長いお芝居を観るのは今回が初めてだったんですが、Area31でショートストーリーは拝見していたので長いのだとどうなるんだろうなーと楽しみに伺いました。
A、Bチームそれぞれに観たことある役者さんがそれなりの人数いらっしゃって、これは両方観るしかないやつ!と両チームとも拝見しました。同じセリフを違う人が違う演出で話して物語が進んでいくのがなんだか不思議って思ったの初めてだったかも。
スケジュールの都合もあるのでダブルキャストってあまり好きではないのですが、今回のはそれぞれまったく違っていて面白かったなぁ。
力のある役者さんが同数になるように配置されている感じだったので見づらいなぁと思ったり飽きが来ることもなく。

綺麗な顔なのにひたすらに頼りない霊児。Aチームの近藤くんのお芝居は拝見したことがあったのですがBチームの大熊さんは初めましてで。どちらもほんとに綺麗なお顔をしていらっしゃる。なのに頼りないし頭もちょっと悪くてちょっとえっちで。霊感体質のせいで友だちが少ないという設定だったけどあれだけ部屋にいる霊のみんなとうまくやれていたら実社会でもそれなりにやっていけるのではと思ったり笑

可愛かったりおもしろかったりな幸子。Aチームの折原さんは幸子の設定そのままというか、かわいいのに薄幸そうな顔立ちなので幸子にぴったり!という感じで、真顔ターンに入る時が面白くて面白くて。Bチーム幸子の松前さんは妄想パート?昭和のころのドラマや少女マンガのような一人芝居に入るところがほんとうに面白かった笑

だめんずさからのカッコいいギャップが素敵だった死分さま。Aチームの十万喜さんは「いつもの」十万喜さんという感じの安定の芝居で、安心感がありました。Bチームの藤田さんはほんとズルイ笑 声がいいから話してるとついそっちを見てしまうのよなー。そして今回も泣きの演技ありがとうございます!それ大好きです!

強くてかっこよくてかわいい魔子さま。Aチームの絹川さんは今までほかの舞台で演じてきた役の集大成感あってすごく良かったです。可愛いし怖いし。Bチームの鈴木さんは強い役は拝見したことがあったのですが、登場シーンみたいなおもろなところをみたのは初めてだったので衝撃でした!

ちょっと不憫でかわいい鈴木。Aチームの野町さんはほんとにかわいい。レッドカーペット使ってもらえないところも名前間違えられるところもかわいい。きりっとしてるシーンもあるのにかわいい、ずるい。Bチームの古堂さんはどうみても岡村靖幸で登場してきたときにちょっと動揺しました。そしてキレキレのダンス。名前間違えられるパターンが両チームで違ってたのでそこもとても良かったー。

愉快でかわいい悪子。Aチームは牧野さん。死分さまといいコンビでとっても元気で可愛くて好きでした。Bチームの根本さんはちょっと強い悪子だったけどぶっきらぼうなのに死分さまがいなくなったときほんとに悲しそうで泣きそうでした。

怖いのに面白い田中さん。Aチームの米倉さんが大阪弁に新喜劇的なぶっこみをしていて面白いけどこれを受けてBチームどうするのーと思ったらBチームの白井さんは広島弁で分かりやすく「極道」でArea31でみた物まねも入れてきて、なるほどなーと。田中さんが際立って上手だから場が締まったり面白くなったりする部分が多くて、二人ともほんとにお芝居が上手なので安心して観ていられる。さすがです。

チャラくて愉快な光くん。Aチームの古堂さんがすすきののホスト、Bチームの羽根さんが新宿のホストだったせいか服装の系統が全然違ってて。古堂さんのホストはちょっと古い!笑 羽根さんは髪型からしてチャラい!笑
古堂さんのコールの練習に参加できたの楽しかったし、羽根さんのいい声が役にぴったりで良かったです。すすきのまで毎回いくの大変そうだなって思って見てたのは内緒。

おもしろセクシーな花子さん。Aチームの佐竹さんはみんなにばばあばばあ言われてたけどかわいらしい感じが出ててすきだったなー。Bチームの塚本さんは薄幸さがプラスされてる感じ。ふたりとも「薬物に逃げないといけなかった」空気をみせている時があってとても良かったです。

支離滅裂感が楽しかった山下さん。Aチームの吉川さんもBチームの伊東さんも明るくトレーニングしてるだけなのにいろいろ差し込んでくるので面白くて笑 学君とまなちゃんとの戦いもほんとにおもしろかったです。

巻き込まれ型で大変そうだった学くんとまなちゃん。Aチームは岡さんでBチームは中西さんなのでまず性別からして違って、なので役へのアプローチも違って。学君はひたすら勉強に打ち込みたい人、まなちゃんは勉強したいけど霊児のことも好き、みたいな感じ。ちょっと中西さんの幸子もみてみたかった気がします。

突き抜けておもしろかった義男くん。Aチームは伊東さん、Bチームは十万喜さん。伊東さんの義男君はおもしろいなーと思ってみていたのですが、十万喜さんの義男くんが衝撃でした。いやー、びっくりした。ああいう役をやる役者さんだと思っていなかったので、終始衝撃笑 二人ともしっかり面白くてちょっとだけなのにやたら印象に残りました笑

セリフは基本的に同じなので受ける印象としては同じなのですが、まわりの芝居の影響を受けて変わっているところも結構あった気がする(特にBチーム)ので、両方見てもう一度さらにそれぞれ観るとまた面白くて。
途中演出がプラスされたシーンもあったので何度も観る楽しみもありつつ、複数回観てもだれる事なくさらにおもしろく心に響いて泣きそうになったりもして。
クライマックスが2度3度くるのでそれもまた良くて。楽しかったなぁ。
opダンスではなくてop映像だったのもスピーディにお話に入り込める感じで良かったです。

次の三井座も楽しみにしています。

2 件のコメント

  1. 三井伸介

    素敵な感想ありがとうございます。本当は、再演とその後か、死分誕生ストーリーをやる予定だったので、いつか実現できるように頑張ります!
    他のスピンオフも作れる作品なので、ライフワークにしていこうかとも考えてます(^^)

  2. key 投稿者

    お疲れ様でした!たくさん楽しませていただきました。ありがとうございました。
    死分さま誕生ストーリー気になりますー!観たい!!
    ぜひ続編、スピンオフよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください